• Bridal Cinematographer

提携業者と持込業者の違い

最終更新: 2018年1月29日

これから結婚式を挙げられる新郎新婦様がご準備に大変苦労されたお話をよくお聞きします。結婚式場を決めるだけでも大変なのですが、それ以外にもドレスや飾りつけ、招待状の文面やお料理や引き出物の選定など考えなくてはいけない事は多岐に渡ります。


新郎新婦さまの視点で見ると新郎様の披露宴最初の挨拶や新婦様のお手紙に最も時間をかけたいところではないでしょうか?


新郎新婦さまのご負担を少しでも軽減すべく、今回は映像商品における提携業者(会場付きの業者)と持込業者の違いをご説明したいと思います。


1.価格面

<提携業者>

ご注文がカメラマンに発注されるまで多段階層になっており、それぞれの階層でマージンが発生するためお値段が高くなる傾向がございます。

・ご注文の流れ:新郎新婦さま→結婚式場→提携業者→下請け業者→カメラマン


<持込業者>

新郎新婦さまより直接ご発注をお受けしているため、提携業者のような中間マージンが発生せず、結果として商品を提携業者よりも安くご提供できる傾向がございます。

・ご注文の流れ:新郎新婦さま→持込業者→カメラマン


※持込業者をご利用いただく場合、式場様によっては持込料が別途必要となるケースがございます。弊社では式場様に持込業者の利用可否をご確認の上、ご注文頂くことをお勧めしております。



2.準備面

<提携業者>

同じ式場での撮影であるため、新郎新婦さまに資料をご提供頂かなくても式場の段取りなどをカメラマンが把握しております。


<持込業者>

基本的に式場の段取りが分からないため、進行表など事前に参考資料を新郎新婦さまよりご提供いただくことで当日スケジュールを把握して撮影に入らせて頂きます。



3.撮影面

<提携業者>

同じ会場で何度も撮影しているため、撮影方法が画一的になる傾向があるようです。また、大きな提携業者ほど所属するカメラマンの人数も多いため撮影技量に差が出てしまうようです。会社によってはアルバイトの学生カメラマンを使って繁忙期の人員不足を補っているという話も耳にします。


<持込業者>

事前の確認が紙ベースになることが多く、当日分かることも多々ありますので基本的にはイレギュラーに対応できる撮影技量の幅を持ったカメラマンが必要となります。

基本的に会社の規模が小さいところが多く、品質を揃えやすいのですが、人員が少数であるためご依頼日が集中してしまうとお断りするケースが出てきてしまいます。


また、弊社のようなコンセプトを映像に反映するためには、当日の印象的なシーンが重要と考えておりますので、撮影場面を最初から決めずに良いシーンを狙っていける撮影経験も必要となります。



いかがだったでしょうか?


価格の違い以外にも絵作りの面でカメラマンの意識が違う点がお分かりいただけたかと思います。


新郎新婦さまのご希望される映像商品は提携業者と持込業者でどちらが実現しやすいか?


映像商品をご検討されるうえでご参考にして頂ければ幸いです。

47回の閲覧

最新記事

すべて表示

著作権と著作隣接権

結婚式の映像を作成する上で、最近注目度の高いテーマとして著作権のお話があります。 弊社でもエンドロールを作成させて頂くにあたって市販楽曲を利用したいと考えている新郎新婦さまにはこの著作権に関するお話をさせて頂いております。 ここで著作権について詳しくご存知ない方のために簡単に説明致しますと、音楽などの創作物には著作者に認められた権利があり、その認められた権利全体を指して一般的には著作権と呼ばれてい

DVDとBlu-rayの違い

映像を新郎新婦さまに納品させて頂く場合、弊社では標準でDVDによる納品を行っております。 写真データを納品する場合は、データとしてメディアに書き出しするのでDVDでもBlu-rayでもデータ自体には違いがないのですが、結婚式エンドロールや記録ダイジェストなどの動画商品の場合は画質面で違いが出てきてしまうので注意が必要です。 今回はDVDとBlu-rayの違いをご説明したいと考えております。 1.メ

エンドロールで表示するゲストの順番はどうしたらいい?

ゲストのお名前が映像の上に流れる”ロール”というものをご存知でしょうか? 結婚式のエンドロールは見たことが無くても、映画やドラマなどでキャストや制作に携わった方々のクレジットが下から流れてくる映像をご覧になったことはあると思います。 結婚式のエンドロールでも当日出席されたゲストの名前をクレジットとして流すケースがあり、新郎新婦さまのご要望により弊社でもロールを作成させて頂いております。 このロール

エモーショナルイメージでは結婚式のエンドロールや記録ダイジェスト、写真撮影を承ります。お気軽にお問い合わせ下さい。

 

© COPYRIGHT Emotional image 2017 ALL RIGHTS RESERVED

  • Facebook
  • YouTube