• Bridal Cinematographer

著作権と著作隣接権

最終更新: 2018年1月31日

結婚式の映像を作成する上で、最近注目度の高いテーマとして著作権のお話があります。


弊社でもエンドロールを作成させて頂くにあたって市販楽曲を利用したいと考えている新郎新婦さまにはこの著作権に関するお話をさせて頂いております。


ここで著作権について詳しくご存知ない方のために簡単に説明致しますと、音楽などの創作物には著作者に認められた権利があり、その認められた権利全体を指して一般的には著作権と呼ばれています。


この著作権と呼ばれているものは著作権と著作隣接権に分類することが出来、エンドロールで使用する市販楽曲を例に挙げると著作権は”歌詞”と”楽譜”著作隣接権は”人の声”と”楽器の音”が対象になります。


著作権と著作隣接権は演奏権や複製権、同一性の保持などいろいろな権利を有しているのですが、この中でも結婚式での映像商品を製作する上で関連する権利として複製権が挙げられます。


・・・なんだかとてもややこしいですね(^^;)


著作権の説明を詳しくするととても細かく難しいところまで説明しないと齟齬が生じてしまう可能性がありますのでこの辺にしておきますが、”市販楽曲を映像商品で利用するには著作権の手続きが別途必要”という事を新郎新婦さまにはご理解頂きたく今回は記事にしました。


映像業者の中にはこの”市販楽曲使用(著作権)の手続き”を行っていない業者もあるかもしれませんが、せっかくの晴れの日に新郎新婦さまに後々ご迷惑がかかるような対応を弊社では致しません。


別途費用となってしまいますが音楽特定利用促進機構(ISUM)という一般社団法人を通して弊社では適切に著作権対応を代行させて頂きますので新郎新婦さまには安心してご注文頂きたいと考えております^^


また、ISUMや著作権に関してもう少し詳しく知りたいとお考えの新郎新婦さまのために下記ISUMのURLを掲載致しました。ご興味がございましたらご覧下さい。


・一般社団法人 音楽特定利用促進機構(ISUM): https://isum.or.jp/


P.S. ISUMサイト内の相談できる事業者一覧”映像演出・記録撮影会社一覧”に弊社も掲載されております。合わせてご確認頂ければ幸いです^^


66回の閲覧

最新記事

すべて表示

DVDとBlu-rayの違い

映像を新郎新婦さまに納品させて頂く場合、弊社では標準でDVDによる納品を行っております。 写真データを納品する場合は、データとしてメディアに書き出しするのでDVDでもBlu-rayでもデータ自体には違いがないのですが、結婚式エンドロールや記録ダイジェストなどの動画商品の場合は画質面で違いが出てきてしまうので注意が必要です。 今回はDVDとBlu-rayの違いをご説明したいと考えております。 1.メ

エンドロールで表示するゲストの順番はどうしたらいい?

ゲストのお名前が映像の上に流れる”ロール”というものをご存知でしょうか? 結婚式のエンドロールは見たことが無くても、映画やドラマなどでキャストや制作に携わった方々のクレジットが下から流れてくる映像をご覧になったことはあると思います。 結婚式のエンドロールでも当日出席されたゲストの名前をクレジットとして流すケースがあり、新郎新婦さまのご要望により弊社でもロールを作成させて頂いております。 このロール

提携業者と持込業者の違い

これから結婚式を挙げられる新郎新婦様がご準備に大変苦労されたお話をよくお聞きします。結婚式場を決めるだけでも大変なのですが、それ以外にもドレスや飾りつけ、招待状の文面やお料理や引き出物の選定など考えなくてはいけない事は多岐に渡ります。 新郎新婦さまの視点で見ると新郎様の披露宴最初の挨拶や新婦様のお手紙に最も時間をかけたいところではないでしょうか? 新郎新婦さまのご負担を少しでも軽減すべく、今回は映

エモーショナルイメージでは結婚式のエンドロールや記録ダイジェスト、写真撮影を承ります。お気軽にお問い合わせ下さい。

 

© COPYRIGHT Emotional image 2017 ALL RIGHTS RESERVED

  • Facebook
  • YouTube